ホーム > 日本くるみ会議

日本くるみ会議

開催の趣旨

平成8年の秋、くるみの里(東部町)のテレビ放映がされたが、日本一のくるみの産地も実体は、減少の一途をたどっているのが現状である。

そんな折、テレビにも出られた信大の矢嶋先生より「くるみも将来を見極める時期に来ている。みんなで話し合う機会が持てないか」との相談があった。

そこで東部町を中心に、くるみに関係する各分野のみなさんに集まって頂き、くるみの将来について方向づけをするべく検討会を開催しました。

そして、今後の日本のくるみ、とりわけ信濃くるみのふるさとの復権をかけて行動をおこしていくこととなった。

事業内容

  1. アメリカ サンフランシスコ視察
  2. ヨーロッパ研修旅行計画
    特派員の派遣に変更して実施、フランスグルノーブル地方ルックアンディオワのくるみの収穫祭、1月28日報告会の開催
  3. 栽培推進
    ・巨峰の王国まつりで普及活動及び栽培指導
    ・接木方法の改良
    ・ブランドの確立のための活動
  4. 販売消費拡大推進
    ・雷電くるみの里オープン
    ・記念胡桃標本製作寄贈
    ・くるみレシピ集販売協力
    ・くるみ料理の研究
    ・選別選果機導入の研究
  5. くるみ街道づくりの推進
  6. 第1回くるみ祭り開催(平成18年11月11日〜19日)  東御市