ホーム > くるみについて

くるみ(クルミ・胡桃)について

くるみの名前

クルミ科の植物の総称で、黒い実の意味、クルクル転がる実の意味と言われ、英語でウォールナッツと言います。

くるみの特徴

  • 北半球温帯地域のやや冷涼な気候を好み(寒気要求度1500時間)、降雨の少ない地方に適します。耐寒性は強いが、夏の強い日光や高温に弱い。
  • 木の高さは20m以上に達する大木で、葉は羽状複葉で雌雄同株です。
  • 初夏、葉の脇から雄花の穂が垂れ、雌花は直立します。
  • 果実は4p前後の球形で、中の殻の堅い種子を含み食用となります。
  • 栗やアーモンドと同じ堅果(ナッツ)の仲間です。

くるみの種類

  • クルミ科の落葉高木。日本原産のオニグルミや、外国から渡来したカシグルミ、ペルシャグルミを含め、世界には主な種類だけでも数百種に及びます
  • 特に日本で見られる主なものは次の通りです。

くるみの栽培

  • 日本には北海道から九州まで、オニグルミやヒメグルミが自生しており、昔から食用にされていました。
  • 江戸時代に中国よりテウチグルミ(カシグルミ)が、明治以降アメリカよりペルシャグルミが渡来し、栽培されるようになりました。
  • 栽培に適した長野県では特に力をいれ、外来2種の交配から、新たに殻が薄く収量の多い「信濃クルミ」という優良品種を作りました。その信濃クルミの新品種は、ほとんど東御市で作り出されたものです。
  • 現在国内での栽培はカシグルミと信濃クルミが主で、長野県と東北地方で栽培されており、特に東御市を中心に東信地区はクルミの全国生産量の32%(平成2年実績)を占める一大生産地となっています。
  • 東御市のクルミ栽培の歴史は、日本のクルミ栽培の歴史となっています。
  • 但し、各地の料理、菓子などには、脂肪に富んだ上品な風味のオニグルミやヒメグルミもたくさん使われ、青森、岩手では栽培出荷もされています。

くるみの用途

  • 洋の東西を問わずに昔から利用されており、東部町でも料理や菓子原料などに使われていますが、食用だけでなく多くの用途を持った樹木です。
生食.菓子原料.料理
実の油
食用.香料.化粧品.油絵具
・民芸品.アクセサリー.郷土玩具
・工業用研磨剤.自動車のタイヤやブレーキの材料
・2〜3個を手でもみ、脳いっ血のリハビリやボケ防止に
青い実
・染料(草木染)
樹皮.葉
染料(草木染)
木材
建築用材.家具.日用品.ゲタ.工芸品.きのこ原木
樹木
街路樹.庭園樹

くるみの実の栄養

栄養素(信濃クルミ)

脂肪
64.4%
たんぱく質
16.7%
炭水化物
14.8%
水分
2.3%
無機塩類
1.8%

堅果(ナッツ)とは

クルミとは果物の中で、外果皮(殻)が堅く主に種子の一部である、仁(中身)を食用にするグループをいいます。仲間には次のようなものがあります。

「アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、かやの実、とちの実、ギンナン、クリ、ペカン、ピスタチオ、ブラジルナッツ、松の実、ココナッツ(ヤシの実)」

その他「クルミ割り人形」

ヨーロッパの民芸品で、クルミ割りの道具に人形の形をほどこしたもの。

バレー曲「クルミ割り人形」はチャイコフスキー作曲で、ドイツの作家ホフマンの「クルミ割り人形」の物語を、バレー曲にしたものです。

クリスマスにプレゼントされたクルミ割り人形が、夢の中でネズミの大群と戦い、勝利を納めたあと王子となって、少女をお菓子の国へいざなうと言う童話です。
ヨーロッパではクルミのいろいろな民俗があります。クルミによる恋占いや、安産の祈りを託したり、11月の万聖節はクルミを食べる夜とも呼ばれています。